Goods
カラーサンド
カラーサンド
根腐れ防止剤に使われるイオン交換石を植物性の染料で染めたもの。
水を活性化し、浄化作用があるのでハイドロカルチャー用の用土として使用します。
色は全部で12色(レインボーサンド)
切花等の水腐れ防止としても使用できます。
200g / ¥525(税抜)

カラーサンドを使った植え込み方法
カラーサンドは美しい色のついた石です。
石の粒の大きさや特長によって「レインボーサンド」「ロックサンド」 「セラミックサンド」などがあります。
いくつかの色を組みあわせてサンドアートとしてもお楽しみください。
 植える植物の根のまわりをほぐしながら、余分な土を根株を痛めないようにふるい落とします。さらに水を入れたボールなどを利用して、根に残った土を水につけて軽くゆすりながら落とします。植え込みまでに根が乾燥しないように注意してください。
↓
2 2  水はけ穴のない容器の底に、根腐れ防止剤(ミリオンA)を入れます。

※「レインボーサンド」は根腐れ防止剤に使われるイオン交換石でできていますから、ミリオンAは必要ありません。
↓
3 3  容器の1/4ほどまでカラーサンドを入れてから植物を入れ、位置決めをしながら少しずつカラーサンドを入れて固定していきます。根玉の2〜3cm上までカラーサンドを入れてください。そのとき、さまざまな色の層や曲線の層を作ったりするときれいなサンドアートになります。
↓
4 4  ピンセットや細い棒状のものを使って、根の隙間にもカラーサンドが入るように軽くつつきながらならしていきます。
↓
5 5  最後に容器の1/4弱の水をいれてできあがりです。
※カラーサンドは水はけ穴のある容器には利用できません。
Goods トップページへ
前のページへ戻る このページのトップへ
Copyright(C) P2&Associates Inc. All Rights Reserved. お問い合わせ